こんな部分で注意が必要

不動産売却先ほども述べましたが、気に入った不動産を見つけたら、ぜひとも本査定をしてもらうようにしましょう。オンライン査定はあくまでもデータに基づいた簡易査定です。そのために、実際に家を見ることでしか分からない痛みや、内装の汚れなどの情報は、不動産会社にちっとも知れ渡りません。そのために、本査定をしてもらったときと、オンラインの簡易査定の場合とでは値段が大きく変わる場合があるのです。

また、不動産会社の主観が入るとも初めに述べましたが、それはオンライン査定であっても変わりません。特に、オンライン査定は、たくさんの不動産会社に査定をしてもらえるように、という目的のもとに行われているサービスです。それは査定をしている不動産会社も分かっていることですから、ぜひとも自分たちの不動産会社に興味を持ってもらおうと、本来の査定価格よりも高めの値段を結果として渡すことが良くあるのです。

ですので、自分で先に自分の不動産の相場を調べておいたり、最終的にどこに決めるか、ということは、本査定を受けてからにした方がいい、と言えるのです。

オンライン査定は万能ではありませんが、仲介依頼をする不動産会社の候補選びにはかなり適しているので、そのためにだけ使うようにする必要があります。特に、その査定価格で売れること、その査定価格が絶対であると信じ込まないように注意をしましょう。


店頭とは違った利点

まず、オンライン査定のメリット、利点についてですが、まず第一に一度に複数の不動産売却査定を依頼することができる、ということです。簡易査定はデータを入力するだけで簡単に行えますので、一度間取りなどの必要なデータをまとめてしまえば、入力するなり、コピペをするなりであっという間に査定の依頼を済ませることができます

また、一度入力をしてしまえば後は待つだけ、というのも店頭とは違う利点です。店頭であれば、必ず売りに出す不動産に調査員の方を招かねばならず、自分がその住宅などにいる必要があるなどの、時間的な拘束があります。オンライン査定ならば、データをみるだけの簡素な査定なので、私たちはその査定終了の連絡を待つだけでいいのです。

簡単に査定をしてもらった、それで比較をすることで、どこの不動産に仲介をしてもらうのがいいか、ということを考えるのにしっかりと時間を作れるのも非常に嬉しい点です。また、勧誘などもされる心配も無く、落ち着いて考えることができます。ぜひここに、とか今だけですよ、とか言われるとついつい断りきれない、と言う方にとっても非常に嬉しいメリットがあると言えるでしょう。ぜひとも、気に入った不動産会社を見つけたら、次は本査定をしてもらいましょう。


不動産売却のオンライン査定はどんなメリットがある?

住宅はマンションなどの不動産売却をする際には、売り主と買い主の仲介者となってくれる不動産会社に査定をしてもらう必要があります。査定はあくまでも、これくらいの値段で売却額を示していれば、購入者が興味を引きやすくなる、というような値段を設定するためのものであり、実際に不動産の内装などを見て傷み具合を調べたり、間取りや広さ、建築年数などのデータを参照にしたりして、ほぼ相場に近しくなる値段の査定価格を設定することになります
不動産の査定依頼
査定価格と言うものは不動産会社に見てもらう、という工程を経るために、不動産会社の主観がどうしても入ってしまいます。そのために、不動産会社によって査定価格が違うという現象が起きます。ですので、自分自身が望むような値段を付けてもらえないという場合もありますし、できるだけ自身の希望に添えるような値段を提示してもらうためであれば、複数の不動産会社に査定をしてもらって、査定価格を出してその中から自分で不動産会社を選ぶ、という手段を取るのが最も妥当な手段です。

しかし、査定をたくさんの不動産会社にしてもらう時間がない、という方もいらっしゃるでしょう。そこで、おすすめなのは査定サイトによるオンライン査定です。こちらはには店頭査定を頼んだりするよりも多くの利点があります。どのような、利点が、どのようなメリットがあるかを少し紹介したいと思います。ただ、少しだけ注意すべき点もありますので、それも合わせてご紹介したいと思います。